BEISHU GALLERY ⁄ 米洲ギャラリー

ギャラリー | 東京都台東区 改修 ⁄ 80.70㎡ | 竣工 ⁄ 2015年12月 写真 ⁄ 太田拓実 米洲ギャラリーは今なお職人文化が息づく東京の下町、台東区に位置します。雛人形・五月人形の「無形文化財」に指定された人形師、原米洲氏の技術を伝えるブランド、米洲のギャラリーです。1970年代に建設された米洲ビルの1階に、エントランス、ギャラリー、ショールームの3つの複合的な機能を持つ空間をデザインすることが求められたプロジェクトでした。 内部には性格の異なる2つの空間が並存するデザインとしました。3.8mの高い天井を持つ手前のエントランス、ギャラリー空間では可動式の什器を置き、ペンダント照明により広がりのある空間にアクセントを与えています。その向こうには、浮遊しつつ連なる展示棚が象徴的なショウルーム空間に重層します。長い歴史を持つ米洲のお人形がまるで屏風絵や絵巻物の金雲の向こうに垣間見える物語のように、それぞれの小さな世界に浮かびます。金属で組み合わされた展示棚の床面(舞台)が、たなびく金雲のように漂流しながらそれぞれの世界を包み込み、壁や天井からの照明も加わって幻想的な広がりを演出しています。異なる性質を持つ2つの空間がそれぞれの浮遊する小世界によりシームレスに繋がります。 ファサードからは、ドットの濃淡を用いて現代的に再解釈された金雲や朽木雲の文様を通して光が透過し、空間全体を柔らかく包み込むデザインとしました。

Modelia Days NAKANOBU

集合住宅 | 東京都品川区 新築 ⁄ 338.94㎡ | 竣工 ⁄ 2016年1月 写真 ⁄ 太田拓実 中延は、東京都心部の南に隣接する国道沿いの街。饅頭屋とジャズフェスティバルが同居し、老若男女が集い暮らす活気あふれる近隣商業地です。この集合住宅の敷地もまた賑やかな駅前商店街に面し、銭湯や新聞配達店が軒を並べる一角に存在します。細やかな生活の息づく街への影響に配慮して、周辺建物とスケールを揃え地上4階、12戸のつつましやかな構成としました。 下階から上階に向けてずれながら広がる開口配置はファサードに浮遊感を与えコンクリートのマッシブな重量感を軽減しています。アプローチでは、幅員わずか6mの前面道路に適切な距離をとるため商店街から敷地内部に路地を引き込み、落ち着きとプライバシーを重視したエントランス空間を演出しています。共用部は最小限に抑え、シンプルかつ効率的な平面計画とし、住戸内部は白い壁とコンクリート打ち放しだけで構成することにより、無駄を削ぎ落としたシンプルなディテールを追求、ライフスタイルと直結したミニマリズムを目指しました。 外部においては、道路へと突き出した鋼板の正方形フレームが時間に応じて多様な陰影を生み、ファサードに象徴的な表現を与えます。この正方形フレームはまた、新旧とりどりの街の風景を反射して室内へも取り込み、室ごとの景色に変化をもたらします。また、室面積や近隣との距離に比して開口を大きめに計画することで、光と風を多く取り入れるとともに、街との繋がり、空間的一体性を居住者が自在に制御できるようにも配慮しています。多様な色彩の溢れる商店街の風景が正方形で切り取られ、静謐な室内の壁に映し出されます。

AOYAMA 346

複合商業施設 | 東京都港区 新築 ⁄ 1136.75㎡ | 竣工 ⁄ 2014年2月 写真 ⁄ 鳥村鋼一 この土地に、今の時代に、求められているものはなんだろうということからデザインを始めました。外にいるような家にいるような感覚、商店街で顔見知りとすれ違う感覚、風にのってふわりと若葉や花の香りが漂ってくる時の気持ち、これを商業空間の場に置き換えてみるとどうなるだろう。共用空間であるブリッジやトイレ、休憩室、エントランスの吹き抜けでこれらを体感する空間を創りました。開口の開け方や方角、床の素材、光の取り入れ方により、外の空気やにおいを感じ、ふと自分に戻れるような空間に留まり、少し緊張感のある場所に行き着くような、流れと溜まりをデザインしています。

HASSELBLAD gallery/office

HASSELBLAD gallery ⁄ office

ギャラリー、オフィス | 東京都渋谷区 改修 ⁄ 94.58㎡ | 竣工 ⁄ 2012年10月 写真 ⁄ 新良太 渋谷区神宮前1丁目にあるスウェーデンの老舗カメラブランド、ハッセルブラッドのギャラリー・オフィスのリノベーションプロジェクト。 ハッセルブラッドの特徴はスクエアフォーマットであることから、フレーミング、トリミングといった写真要素と正方形の対話を通じて、空間にアプローチしました。カメラのボディを連想させるブラックステンレスはハッセルブラッドの美しい凛々しさを表し、そのフレームの重なりをイメージしてギャラリー空間を創出しました。

HASSELBLAD boutique

物販店舗、オフィス | 東京都渋谷区 改修 ⁄ 94.58㎡ | 竣工 ⁄ 2013年9月 アジア地域で初めてのハッセルブラッドの店舗。 隣にあるギャラリー・オフィスのデザイン要素を踏襲し、スクエアフォーマットやカメラのボディを連想させる素材感と空間を創出しました。

嘉悦大学 105教室改修

嘉悦大学 105教室改修

大学教室 | 東京都小平市 改修 ⁄ 122.18㎡ | 竣工 ⁄ 2013年3月 写真 ⁄ 新良太 東京都小平市にある嘉悦大学の教室リノベーションプロジェクト。 秘書科の社長室マナー教室として使用されていた教室は、時代のニーズから外れてきて新しい教室として生まれ変わる事になりました。天井は取り払われ、天井高さを確保しつつ吸音効果も担っている木毛セメント板でつくられたフラットルーバー天井と照明によりリズムをつくっています。天井から開口面まで包容される空間は新たな教室空間として存在します。

嘉悦大学 アドミッションオフィス

アドミッションオフィス | 東京都小平市 改修 ⁄ 121.55㎡ | 竣工 ⁄ 2013年8月 写真 ⁄ 新良太 嘉悦学園110周年を記念して嘉悦大学のメインゲートとしてアドミッションセンターを計画。 キャンパスの表面としての位置づけとして鈴木街道のストアフロントのリノベーション。矩形のストアフロントの中には、変形した入れ籠のようなオブジェクトがゲートを象っています。オブジェクト内スクリーンに学生活動の映像、レセプションやラウンジなどのアクティビティを街道に映し出します。スクールカラーに電解着色を施したアルミ壁がオフィス空間とパブリック空間を隔てる計画としました。

造作家具

Aoyama Salon 帝国ホテル店

物販店舗 | 東京都千代田区 改修 ⁄ 51.77㎡ | 竣工 ⁄ 2012年2月 繊細なニット製品ををデザイン、製造、販売するニットブランド、青山サロンの帝国ホテル店リノベーションプロジェクト。 糸を2本、3本合わせて編むニットづくりのエレメントを想起させる空間としました。